インプラントは神戸市の神戸六甲インプラントテクニカルセンターへ!CGFとPRPも神戸市の神戸六甲インプラントテクニカルセンターにお任せ下さい。

  • ホーム
  • リンク
  • サイトマップ
  • インプラント無料カウンセリング
  • インプラント治療の前に
  • インプラント無料カウンセリング
  • インプラント無料メール相談

インプラント治療は神戸市灘区の
神戸六甲インプラントセンターへ

  • インプラント無料カウンセリング
  • インプラント無料メール相談
 
CGF法・PRP法 CGF法について
CGFとは、Concentrated Growth Factorsの略で、血小板・成長因子が豊富に含まれた「添加物を一切含まない完全自己血液由来フィブリングゲル」です。

供血用遠心機メディフュージュ供血用遠心機メディフュージュで遠心分離を行うことによって、血液中の赤血球などが分離され、同時に凝固因子が自然に刺激されて、添加物を一切含まないフィブリンゲルが形成されます。

CGFの大きな特徴として、交差感染リスクが存在するいかなる添加物も使用しない100%自家濃縮血小板で、製作過程が単純で常に安定した濃縮血小板が得られる長所があり、上顎洞底挙上術、骨再生誘導 術(GBR)、軟組織治癒促進、歯周再生手術等の歯科及び口腔外科関連手術でより早い組織再生効果が期待できます。

具体的には、インプラント治療でどのようなシーンで役立つかというと、多様な成長因子を含む血小板が濃縮されているフィブリンゲルは、軟組織の治癒と骨組織の再生を促進し、治癒期間短縮につながり、また、濃縮血小板の濃度が高いので、骨移植材と混合して使用することによって新生骨再生を促進します。そのため、上顎洞底部の骨造成術では骨移植材の代用としても使用が可能なのです。
CGFの手順
添加物を一切含まない完全自己血液由来フィブリングゲル

神戸市のインプラントテクニカルセンターでは、CGFもPRPどちらも対応しております。

  • インプラント無料カウンセリング
  • インプラント無料メール相談
PRP法
PRPインプラント技術の進歩により、難症例も対応できるようになりました。
例えば上顎奥歯の部位で骨の高さが足りない場合は、造骨技術によりインプラントが可能になります。
これも、以前は御自分の顎骨や腸骨を採取したりしていましたが、現在は人工の骨補填材と御自分の 採血した血液から分離させた血小板を多く含んだ血漿(PRP)を混ぜることにより、造骨が可能になりました。

なぜ、PRPが創傷治癒のために用いられるのでしょうか。

活性化した血小板は創傷の治癒や骨の造生に関与する成長因子を分泌します。
欠損部に血小板を豊富にすることによって治癒期間の促進をはかることができるためです。
PRP法は、以下のような内容でも使われております。
最新アンチエイジング治療
安全で効果が高く自己多血小板血漿(PRP)注入療法。
患者様自身から採取した血液を遠心分離機で多血小板血漿(PRP)を抽出し、シワやたるみ部に注入し、
ご自身の血小板の持つ組織再生能力でお肌の若返りを促進する方法。
  • インプラント無料カウンセリング
  • インプラント無料メール相談

インプラントは神戸市灘区の神戸六甲インプラントテクニカルセンターへ

インプラント治療は、神戸六甲インプラントテクニカルセンターへ
インプラントは神戸市灘区の神戸六甲インプラントテクニカルセンターにお任せ下さい。
医療法人うしじま歯科クリニック運営サイト
神戸六甲インプラントセンターは、神戸市灘区の歯科医院うしじま歯科クリニックが運営をしております。
うしじま歯科クリニックでは、神戸六甲インプラントセンターのWEBサイト以外に下記の「うしじま歯科クリニック」・「神戸六甲矯正テクニカルセンター」・「パーフェクトペリオ専門サイト」を運営しておりますので、歯のことで何かお悩み、お困りごとがございましたら、是非、下記のサイトも併せてご覧下さい。
sp