インプラントは神戸市の神戸六甲インプラントテクニカルセンターへ!インプラント治療は神戸市の神戸六甲インプラントテクニカルセンターにお任せ下さい。

  • ホーム
  • リンク
  • サイトマップ
  • インプラント無料カウンセリング
  • インプラント治療の前に
  • インプラント無料カウンセリング
  • インプラント無料メール相談

インプラント治療は神戸市灘区の
神戸六甲インプラントセンターへ

  • インプラント無料カウンセリング
  • インプラント無料メール相談
 
インプラントについて
トップページ > インプラントについて
歯を失った人の悩みを解消する第2の永久歯インプラント
インプラント図説インプラント治療とは、歯が失われた場所に歯の根に代わるもの(人工歯根)を埋めておき、それが骨としっかり付いた段階で人工の歯をかぶせ、天然の歯が生えていた頃と同様の機能性と美しさを回復させる治療法です。

インプラントは、骨になじんでしっかりと固定され、健康な歯のように噛むことが出来ます。

素材はチタンで、金属アレルギーの心配がほとんどなく、骨と一体化する性質があります。
骨とのなじみをさらによくするために表面処理が施されており、チタンは人工関節など、様々な分野で使用され、生体親和性の高い材料として世界で認められています。

部分的に抜けている方も、全ての歯が抜けてしまっている方にも最適な治療法です。

また、インプラント治療が従来の治療法との大きな違いは、自分の歯と同じようにかめるだけでなく、残っている歯にも負担が少ない治療法である点です。インプラント図説

歯が抜けた場合の従来の治療法には、両隣の歯を削って土台とする「ブリッジ」、または「総入歯」や金具で固定する「部分入れ歯」などがあります。

しかし、このような治療法は土台となる歯に負担がかかったり、入れ歯に違和感を感じたり、入れ歯が動いたりする場合あります。

ちなみに、歯が抜けたまま放っておくと、抜けた部分の骨は年数が経つにつれて次第にやせていきます。こうした問題を解決するのがインプラントです。インプラントは骨にしっかりと固定されるので、自分の歯に近い感覚で物を噛んだり、話したりできます。

インプラント治療なら次のような悩みを解決することができます。

インプラント治療は神戸市灘区の神戸六甲インプラントテクニカルセンターへ

インプラント治療で、こんな悩みを解決!
<ケース1> そもそも歯がない!
 事故で前歯がなくなってしまった。
 生まれつき歯の生えてこない部分がある。
 ブリッジができない。
(丈夫な歯がない・歯が全くない)
→ インプラントは埋め込み可能
たとえ周りに健康な歯がなくても
インプラントは埋め込み可能です。
<ケース2> 他の歯も大切!
 健康な歯はなるべく削りたくない。

ブリッジ治療では欠損部分の両隣の健全な歯を削って人工歯(冠)をかぶせますが、インプラント治療では健全な歯を傷つけず治療できます。
(入れ歯のように支えの歯も必要ありません。)
→ ブリッジ治療とインプラント治療の比較
<ケース3> 入れ歯が不満!
 入れ歯には抵抗がある。
 入れ歯が会話の途中で外れてしまう。
 入れ歯の安定が悪くて物がうまく噛めない。
 人前で自信がなくなった。
→ 複数のインプラントで、総入れ歯もしっかり固定
複数のインプラントで総入れ歯をしっかり固定すれば、これまでの入れ歯のようにぐらつくことはありません。まさに自分の歯が蘇る感じです。
<インプラントではこんな場合にもお薦め致します!>
健全な歯を削りたくない。

歯が一本抜けた場合、
両隣の健全な歯を削って
ブリッジにします。 健全な歯を削りたくない。
入れ歯に違和感を感じる。

入れ歯を不快に感じたり、
入れ歯を金具で固定するため、
支えている歯に負担がかかる
場合があります。 入れ歯に違和感を感じる。
入れ歯が動く。

かみづらかったり、
発音・発声に不便を感じたり
する場合があります。

入れ歯が動く。

↓↓↓インプラント治療なら・・・↓↓↓

両隣の健全な歯を削りません。


歯の抜けた所へ
インプラントを埋入し、
自然な歯の形を作ります。
両隣の健全な歯を削りません。
歯の抜けた所へ
インプラントを埋入ます。

金具付きの入歯ではないので、
自分の歯のように
噛むことができます。

歯の抜けた所へインプラントを埋入ます。
入れ歯をしっかり固定します。


数本のインプラントを埋入し、
そこに入れ歯を固定するため、
よくかめます。

入れ歯をしっかり固定します。
  • インプラント無料カウンセリング
  • インプラント無料メール相談

インプラント治療と従来の治療法との比較

ケース1:歯が1本抜けた場合 従来の治療方法 インプラント治療
歯が1本抜けた場合
「歯が1本抜けた場合」の従来の治療方法とインプラント治療を比べると右のような差があります。
従来の治療方法
両隣の健康な歯を削ります。
また、ブリッジの土台となっている歯や歯茎に負担がかかります。
インプラント治療
両隣の健康な歯をけずることなく、歯の抜けたところへインプラントを植え込み、人工の歯を取り付けます。

ケース2:奥歯が数本抜けた場合 従来の治療方法 インプラント治療
奥歯が数本抜けた場合
「奥歯が数本抜けた場合」の従来の治療方法とインプラント治療を比べると右のような差があります。
従来の治療方法
入れ歯を固定する金具や床が不快に感じられたり、健康な歯に負担がかかる場合があります。
インプラント治療
金具付き入れ歯ではなく、歯の抜けたところへインプラントを植え込みます。

ケース3:歯が全部抜けた場合 従来の治療方法 インプラント治療
歯が全部抜けた場合
「歯が全部抜けた場合」の従来の治療方法とインプラント治療を比べると右のような差があります。
従来の治療方法
固定するものがないため、入れ歯が動いたりします。
インプラント治療
数本のインプラントを植え込み、入れ歯を維持装置で固定します。

このように、従来の治療法とインプラント治療を比べて頂くと、如何にインプラントが効果的な治療であるかをご理解頂けると思います。インプラント治療にご興味がおありの方は、お気軽に当院へお越し下さい。
もちろん、インターネットからもお気軽にお問い合わせ、無料カウンセリングをご予約下さい。

また、当院でのインプラント診療例をこちらに掲載しておりますので、ご覧下さい>>>
  • インプラント無料カウンセリング
  • インプラント無料メール相談

インプラントは神戸市灘区の神戸六甲インプラントテクニカルセンターへ

インプラント治療は、神戸六甲インプラントテクニカルセンターへ
インプラントは神戸市灘区の神戸六甲インプラントテクニカルセンターにお任せ下さい。
医療法人うしじま歯科クリニック運営サイト
神戸六甲インプラントセンターは、神戸市灘区の歯科医院うしじま歯科クリニックが運営をしております。
うしじま歯科クリニックでは、神戸六甲インプラントセンターのWEBサイト以外に下記の「うしじま歯科クリニック」・「神戸六甲矯正テクニカルセンター」・「パーフェクトペリオ専門サイト」を運営しておりますので、歯のことで何かお悩み、お困りごとがございましたら、是非、下記のサイトも併せてご覧下さい。
sp